ITSUWA
    CONSTRYUCTION&DEVELOPMENT
信頼・真心・こだわりの家造り

住所:埼玉県吉川市栄町723-1-103
TEL:048-983-1011

アフターメンテナンス

 お手入れ方法網戸編


【網の目づまりを取るには】
まず乾いた大きなスポンジを2つ用意し、網戸を裏・表両面からはさみます。
一個を片面からおさえ、もう片方で軽くたたくと目につまっていたホコリが
とれます。この時、一人でも出来ますが二人がそれぞれ裏・表側に立つと
より簡単に出来ます。それでも取れない汚れの場合は、住居用洗剤をつけた
スポンジでこすりその後、乾いた布で拭き取ります。あまり強くこすると
網が破れることもありますのでご注意ください。

【網戸を簡単にお手入れするには】
裏側に古いタオルを当て表側からブラシを当てると、汚れをタオルが吸収して
くれます。また、裏側にセロハンテープで新聞紙を貼り表側から掃除機で
ホコリを吸い取るときれいになります。

 お手入れ方法畳編


【日々の畳の掃除】
畳の目に沿ってホウキや掃除機でホコリを取った後、乾いた布でカラ拭き
します。ホウキで掃く時は、茶カスやぬらした新聞紙を細かく切って畳の上にまき、掃くとホコリが立ちません。
汚れなどは、酢を少し落としたお湯で固く絞った布を、さらに乾いた布で
包み、それで拭くときれいに取れます。
畳は水気を嫌いますので素早く拭き、さらにカラ拭きをするのがコツです。


【畳の目やヘリの汚れを取るには】
畳の目にパウダーやタバコの灰などがつまった場合は粗塩と共にきれいに
取れます。畳のヘリの汚れを取るには、住居用洗剤を歯ブラシにつけやさしく
手早くこすります。汚れが取れたら、すぐにお湯につけた布を固く絞り、
それで叩くようにして洗剤分を拭きとります。あとは乾いた布でよく水分
を取り、風を通して素早く乾かすことが大切です。

 お手入れ方法浴室編

【鏡のお手入れの仕方】
浴室使用後に、換気をよくおこないよく乾燥させます。その後、乾いた布で
乾拭きします。汚れが落ちにくいときは、浴室用の中性洗剤で洗い、その後
洗剤が残らないようによくすすいで、乾いた布で拭きあげてください。

【水栓などのメッキ部のお手入れの仕方】 
日頃のお手入れは、中性洗剤で洗い流し、乾いた柔らかい布で磨いてください。一方で、水道水中のカルシウム、ケイ素などが固まり、水栓などのメッキ部に付着した白いくもりを生じることがあります。この汚れを落とすときは、クリーミーバスルック、バスジフなどの研磨剤を含む中性洗剤を使用してください。

【床・鏡・ドア・浴槽回りなどに白くこびりついた汚れのお手入れ方法】
主に水道水に含まれるカルシウム成分と人間の垢や石鹸に含まれる脂肪酸が
反応してできるカルシウム石鹸です。予防には毎日のシャワー散水や拭き
取りで水滴を除去することが効果的です。浴室用中性洗剤で落とします。
落ちない程汚れがたまった場合にはこすり落とすしかありません。
アルカリ性の石鹸カスであればクエン酸を少量の水でペースト状にして
汚れを落としたい部分に塗りつけます。その上にティッシュペーパーを
かぶせてから数時間置いて、汚れをこすり落とします。その後冷水で
洗い流してください。
歯磨きと歯ブラシで洗う方法もあります。

 お手入れの仕方法洗面化粧台編


【洗面台の水アカや汚れを取】
レモンの切れ端で拭くととてもきれいになります。
また、日頃からレモンの切れ端を器に入れ洗面台に置いておくと、レモンの
香りが消臭効果をもたらします。

 

 営 業 時 間  

am8:30~pm5:30

 定 休 日

第1日曜日            

第3火曜日

各週水曜日

 

《10月》
 
 
 
    1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
 
 
 
 
 
 

 

 
《11月》
 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930